• <ins id='tqy3s'></ins>

      <i id='tqy3s'></i>

      <code id='tqy3s'><strong id='tqy3s'></strong></code>

        <dl id='tqy3s'></dl>
            <span id='tqy3s'></span>
          1. <tr id='tqy3s'><strong id='tqy3s'></strong><small id='tqy3s'></small><button id='tqy3s'></button><li id='tqy3s'><noscript id='tqy3s'><big id='tqy3s'></big><dt id='tqy3s'></dt></noscript></li></tr><ol id='tqy3s'><table id='tqy3s'><blockquote id='tqy3s'><tbody id='tqy3s'></tbody></blockquote></table></ol><u id='tqy3s'></u><kbd id='tqy3s'><kbd id='tqy3s'></kbd></kbd>

            <i id='tqy3s'><div id='tqy3s'><ins id='tqy3s'></ins></div></i>

            <fieldset id='tqy3s'></fieldset>

          2. <acronym id='tqy3s'><em id='tqy3s'></em><td id='tqy3s'><div id='tqy3s'></div></td></acronym><address id='tqy3s'><big id='tqy3s'><big id='tqy3s'></big><legend id='tqy3s'></legend></big></address>
          3. 日本东北大学环境科学研究科设置

            专题栏目: 日本东北大学环境科学研究科设置

            • 日本东北大学环境科学研究科怎么样


              日本东北大学环境科学研究科日本东北大学环境科学研究科设置日本环境学专业东北大学环境学专业

               日本东北大学是所中国人民熟悉的一所大学,我国伟大文学家鲁迅先生,以及数学家苏步青教授曾就读过该校。截至2014年5月,东北大学占地面积22263317平方米,其中建筑面积1109478平方米;下辖10个学部、18个大学院。本文,小编将为大家介绍的是日本东北大学环境科学研究科。希望对有意申请该研究科的学生有所帮助。

                日本东北大学环境科学研究科简介

                日本东北大学环境科学研究科是结合了各种领域的知识,为建立可以支撑可持续发展的文化和循环社会基础,设立了超越文科、理科传统区别的综合学科,创造出了新的学问领域。本研究科的教学目的在于培养出有广泛领域知识和理解力,能够阐明、解决环境相关问题,在国际社会中也能广泛活跃的人才。

                日本东北大学环境科学研究科要的是对这种教学目标有同感,为了达成这个目标有强烈的学习和研究欲望,并且有相关的基础学力的学生。具体来说,学生必须关心环境问题,还要不仅仅对自然有兴趣,对社会和人类也有兴趣。除此之外,还希望学生有丰富的想象力,能够挑战新领域的开拓,有广阔的视野和国际性,理论与实践紧密结合,有伦理观和使命感,在社会中发挥领导作用的学生。

                日本东北大学环境科学研究科设置

                为了培养出能够应对复杂环境问题的人才,环境科学研究科在2015年组织改编,设立了「先進社会環境学専攻」和「先端環境創成学専攻」2个専攻。「先進社会環境学専攻」培养的是“有丰富的知识和优秀实务能力,在组织和社会中起引导作用的综合型人才”;「先端環境創成学専攻」培养的是“利用尖端的环境科学研究引领世界的专家”。

                先進社会環境学専攻

                1、基幹講座

                資源戦略学講座:地圏環境計測・分析学、環境複合材料創成科学、環境素材設計学、環境修復生態学、地球物質・エネルギー学、地球開発環境学

                エネルギー資源学講座:分散エネルギーシステム学、エネルギー資源リスク評価学、環境共生機能学、国際エネルギー資源学

                環境政策学講座:イノベーション戦略学、環境社会動態学、環境・エネルギー経済学、国際環境・自然資源マネジメント学分野

                2、協力講座

                環境応用政策学講座:地殻環境システム学、環境情報学(東北アジア研究センター)、機能性粉体プロセス学(多元物質科学研究所)、地殻エネルギー抽出学(流体科学研究所)、物理再生プロセス学(多元物質科学研究所)、エネルギー・環境材料創製学(多元物質科学研究所)、高温材料物理化学(多元物質科学研究所)

                3、寄附講座

                環境物質政策学講座(DOWAホールディングス):環境物質政策学、地圏環境政策学、環境材料政策学

                先端環境創成学専攻

                1、基幹講座

                都市環境・環境地理学講座:自然環境地理学、人間環境地理学

                太陽地球システム・エネルギー学講座:資源利用プロセス学、地球システム計測学、水資源システム学

                自然共生システム学講座:資源再生プロセス学、環境分析化学、環境生命機能学

                資源循環プロセス学講座:環境グリーンプロセス学、循環材料プロセス学

                環境創成計画学講座:環境分子化学、ライフサイクル評価学、環境材料表面科学

                2、協力講座

                地殻環境システム創成学講座:エネルギー創成化学(多元物質科学研究所)

                東北アジア地域社会論講座:環境社会人類学(東北アジア研究センター)、文化生態保全学(東北アジア研究センター)、東アジア歴史論(災害科学国際研究所)、環境科学・政策学(東北アジア研究センター)

                東北アジア地域文化論講座:内陸アジア地域論(東北アジア研究センター)、地域文化環境学(東北アジア研究センター)

                環境材料物理化学講座:環境無機材料化学(多元物質科学研究所)

                環境システム材料学講座:環境材料分析学(金属材料研究所)、水素機能システム材料学(金属材料研究所)

                3、連携講座

                環境適合材料創製学(新日鐵住金)

                地球環境変動学(国立環境研究所)

                環境リスク評価学(産業技術総合研究所)

                バイオエコマネジメント学(電力中央研究所)

              2019-10-09

              阅读全文